コミュニケーション

職場の仲間とフラットに会話する

先日、友人と登山に行って参りました。
自然を前にすると言葉も素直になり、豊かな時間を過ごせていると感じます。
(沢沿いでフフフン♪とちょっと嬉し気な後ろ姿です)

登山はなかなかしんどいですが、終わった後の温泉が楽しみで…(笑)
頑張った自分へのご褒美温泉は格別です。さて、そのお楽しみ温泉を終え、駅まで送迎してくれるバスの出発を待っていると、
団体様(20~60代10人程度)が、和気あいあいとバスに乗ってこられました。
中にはカップのアイスクリームを手にしている方もいらっしゃいます。
しばらくすると、「ちょうだい!」「はい!」とアイスクリームのやりとりが
始まりました。

耳に入ってくる会話を分析しますと、
・団体様は会社の登山部らしい
・登山部は複数の部署(関連会社含む)で構成されている
・業種は建築関連っぽい
・会社の規模は大きい
ようです。

ということで私のプロファイル的には、
アイスクリームを「ちょうだい」とおねだりしたのは、
・20代女性 ← 入社後3~5年程度
・30代女性 ← 主任クラス?
「はい!」と快く差し出したのは、
・50代男性 ← 部課長クラス
となりました。
あまりの親密度に驚き、企業のエンゲージメントのヒントになるのでは!と、つい聞き耳を立てすぎてしまった次第でした。
申し訳ございません…

私がかつて務めていた会社でも、
同好会に属しているメンバーは年齢に関係ないフランクな付き合いがあった事や
所属していた駅伝チームが思いのほか楽しかったことを思い出しました。

普段、仕事上の後輩としかみていないメンバーの素晴らしい走りを見て、
「すごい!」と無条件に尊敬したのものです。

その日から私の中で、
「仕事上の後輩」→「仕事上でも付き合いのある尊敬する仲間」
に変化したのでした。

先輩でも後輩でも同期でも「一人の尊敬する人間」としてみるためには、
その人を知ることも大切そうです。
「一人の尊敬する人間としてみる」ための会話やお付き合いがあるといいですね。

会社での先輩・後輩にもフラットな関係が築ける場があるといいなと思います。
皆さんは、どのような工夫をされていますか?

仕事上の会話しかないという場合は、エンゲージメントカードを利用するのもいいかもしれません。
必要であれば喜んでお手伝いさせていただきます。
チームエンゲージメントカード研修
では、エンゲージメントカードという価値観が書かれた99枚のカードを利用して、
その方が大切にしている価値観や普段の想いを伝え合うワークを行います。
麻雀の卓を囲むようにして、自然に会話が弾むので、1 ON 1の導入にもお勧めです。

職場を楽しいと思える人が増えますように!