コミュニケーション

その課題を伝えたい人に伝えるために、何が必要ですか?

あなたのお悩みを思い浮かべてもらえますか?
読み進めずに、まずはじっくり…



有難うございました(^^♪

現在、企業の社員研修や教育開発、コンサルに携わっておりますので、
・経営者
・管理職
・社員
のそれぞれの立場で、皆様様々な思いがあることを感じております。
全て、その思いの背景を伺うとごもっともな理由があります。

ちなみに、
経営者の方のお話は
「社員同士が仲良くないんだよね。」
「同じような発想を持った社員がいないんだよ」
「自分がいなくなったら、この会社この先どうなるんだろう」

管理職の方のお話は
「社長と前任者の意向が違うんですよね」
「○○に期待しているのですが、どうもうまくいっていかなくて」
「このままじゃ事業存続難しいのに分かってるのかな」

社員の方のお話は
「うちの会社、人間関係終わってますよね」
「世代交代してくれないと難しいです。あと数年待ちます」
「人をまとめるのは、しんどいです」
「急に方針変わって、やってらんないですよ」

ちなみに新入社員の方は
「どういう風にコミュニケーションをとればいいのかわからないです」
「先輩の教え方が雑できついです」
「仕事中に眠くなります(笑)」

more
more
more

皆様の言い分はとても分かります。
そう感じることが目の前で起こっているのですからね。

では、これらを課題だとして、皆様に幾つか質問をさせていただきます。

質問1
「皆様の感じる課題を誰かと共有できていますか?」

誰かと共有(発信)することで、自身の中で真の問題が何なのか整理できることがあります。
愚痴ではく整理です。
何故、このことがおこっているのだろうかという整理です。

質問2
「その課題を伝えたい人は誰ですか?」

このことを誰かに伝えることで、事態は動き出すかもしれません。
そのカギを握っているのは誰でしょうか。

質問3
「その課題を伝えたい人に伝えるために、何が必要ですか?」

伝えたい思いと伝えたい相手が分かったら、行動あるのみです。
が、行動にうつしにくい事もありますね。

何故、行動にうつしにくいのでしょうか。
短時間で答えを出すのではなく、ゆったりと発想してみてください。
何が必要なのか
何が足りないのか
そのためにどうすればいいのか

質問は内省を促します。
質問の精度が上がれば、Positiveな未来が描けます。
他者の思考のサポートも出来るようになります。

他者との距離を自然に近づける
エンゲージメントカードワーク研修を行っております。
ご興味のある方は「お問合せページ」よりご連絡ください。

最後までお読み頂いて有難うございました。