カウンセリング

アクションコーチング インタビュー

羽ばたくために

杉山先生のアクション・コーチングを受けたAさんにインタビューをさせて頂きました。

Aさんは出産後に仕事を続けることが難しいと判断し会社を退職されました。子どもが小学生になり自分の時間をもてるようになったことで隙間時間を利用して仕事をしたいと考えるようになったそうです。
ただ、なかなか行動にうつすことが難しいと感じているご様子でしたので、杉山先生のアクションコーチングを紹介しました。

–コーチングを受けたきっかけを教えて頂けますか?

育児が落ち着いてきて、何かできそうと思うのですが「〇〇だからできない」と思うことが多く、行動に移せない自分に喝を入れてほしくてコーチングをお願いしました(笑)

-喝は入れられました?

いえいえ、先生はとてもやさしく私の経歴や今の気持ちを整理してくださり、強く言われるようなことはありませんでした。ただ、気持ちの中では「喝」が入りました。

–経歴や今の気持ちの整理はどのように行われました?

マインドマップというものを利用して、これまでの資格や仕事で得たスキル、能力といったものをそれぞれ整理してくださいます。

–整理できるものなのですか?

はい。話しているうちに、そういえばあれも!あれも!という風に次々と出てきます。そしてさらに「強み」を話す場面もあって

–「強み」ですか?

そうなんです。私の場合は「共感力が高い…」とか。自分で言うのは恥ずかしい気もするのですが、これまで生きてきた中で比較的こうかなぁというものを言っていったら結構あって。それに対して先生も「いいですね。」といった言葉を添えてくれるので安心して話すことができました。

–Aさんの強み、是非教えて頂きたいです。
 その他にはどのような事をされたのですか?

自分の分析がおわったところで、2021年の目標を具体的に掲げました。
大きな目標から詳細へと細分化していくのですが、全部で11個もあって驚きました。私って欲深いって。

–聞いていて楽しくなります!
 目標を決められたら行動に繋げやすくなりますね。

そうなんです。目標のためにはこれが必要かなとか。こういう事をしたいな。という「行動」が浮かんで言葉にすることができました。「具体的なアクション(行動)を決めるので『アクション・コーチング』なんですよ」と先生に言われ納得しました。

–そうだったのですね!
 Aさん、表情が素敵です!

有難うございます。
「〇〇だからできない」だった自分が、1時間足らずでここまで変化したことに驚いてしまって。

–また、受けたいと思いますか?

はい!すでにお願いしました。
次回は6か月後、3か月後、1か月後に何を達成するのか具体的な行動目標を決めていきましょうという事でした。楽しみです。

–Aさんの変化が眩しくて嬉しくなります!応援しています。

インタビュー記事は以上です。

今回、アクションコーチングを紹介してからすぐに「やります!」というお返事をくださったAさんは行動力あふれる魅力的な方です。
Aさんが「〇〇だからできない」と言う背景には、環境の問題も大きいと思います。Aさんが現在の環境で無理なく目標に向けて羽ばたけるよう応援します!

杉山先生のアクションコーチングの説明はこちらです。
杉山先生の紹介はこちらです。
お申込みはこちらのリンクよりお願いいたします。